Home > ZEN(禅)ライフのすすめ > 「正座」のすすめ

「正座」のすすめ

胡坐(あぐら)を長時間続けることは、腰にかかる負担が大きいため、あまり良い習慣ではありません。

その点、正座は腰に負担がかからず、良い姿勢を保つことできるのでおすすめです。

正座を苦手とする人が最も気にするのは足の痺れではないかと思います。

足の痺れは、太ももと脹脛(ふくらはぎ)が圧迫されることで血液の流れが妨げられることで起こる現象です。これらは、正座に慣れてくると自然と無くなっていきます。

気軽に正座を取り入れるために、『正座椅子』と呼ばれるものを使用するという方法もあります。『正座椅子』とは、椅子の下に足を入れることが出来る構造になっている座椅子で、座ることで自然に正座の姿勢が保てるとても便利なアイテムです。

「正座」をすると自然と気が引き締まり、勉強や仕事などに集中しやすくなるメリットもあります。

堅苦しい思いをせずに「正座」が当たり前になるようにすると良いですね。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://simplemodernstyle.net/archives/107.html/trackback?_wpnonce=4aa81fb63d
Listed below are links to weblogs that reference
「正座」のすすめ from シンプルモダンインテリアスタイル

Home > ZEN(禅)ライフのすすめ > 「正座」のすすめ

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud