Home > 収納&整理整頓テクニック > 衣替えのタイミングに合わせた「衣類収納」7つのポイント

衣替えのタイミングに合わせた「衣類収納」7つのポイント

「衣替え」は、衣類収納を見直すとても良いタイミングです。そこで、衣替えにあわせて行える衣類収納のポイントをまとめてみました。

ポイントは、「収納するモノ自体を減らす」ことです。

衣替えの時期(タイミング)は?

衣替えは湿気の少ない日に行うのが最適です。気持ちよく晴れた日を見計らって、タイミング良く衣替えを行いましょう。

出来る限りの衣類を処分する

何も考えずにそのまま全ての衣類をタンスの奥にしまってしまうと、次に夏物の整理が出来るのは半年後です。そこで、夏服をしまうまえにいらなくなった衣類を処分してしまいましょう。

痛んだり綻びが目立つようになった衣類はもちろんのこと、この夏にほとんど着なかった衣類などもこの機会に処分してしまうといいでしょう。

衣類が減れば、それだけクリーニング代や衣替えの手間が軽減します。本当に自分が気に入っている洋服だけ残して、あとはスッパリと処分してしまいましょう。

収納する前にしっかりと洗濯する

衣類に限らず、物を収納する前にしっかりとメンテナンスを行うのはもはや常識です。

汚れやシミはカビや虫を発生させる原因になりますので、収納前に一度全て洗濯してからしまうようにしましょう。(特に夏物は汗ジミ対策をしっかりと行っておく必要があります。)

夏服を何着か残しておく

秋・冬でも急に暑くなって半袖を着たくなる日がくることもあります。そのため何着か夏服を残しておくことをオススメします。

これは、春先の衣替え前に半袖が必要になった時にも有効な、とても便利なテクニックです。

クリーニングのビニールカバーは直ぐに外す

よく保存用にクリーニングから戻ってきた衣類のカバーをそのままにクローゼットに収納してしまう人がいますが、あのカバーは別に保存のための機能は持っていません。

クリーニングから戻ってきたら、直ぐにビニールカバーを外し、軽く陰干ししてからクローゼットに収納するようにしましょう。

クローゼット一杯に詰め込まない

通気性が悪くなると湿気が溜まり、カビなどの発生原因になってしまいます。

また、新しく買う洋服のことも考えてクローゼットの中は常に2〜3割ほど空けておくといいでしょう。

有料の収納サービスを活用する

ワードローブが豊富な人はこういった有料のトランクルームサービスなどを活用するのも一つの手です。

また、下記のような衣類専門の収納サービスを活用すると、クリーニングもやってもらえるのでさらに便利かと思います。

イークローゼット

最後に。

ほとんど着ることのない衣服を持っていても、収納スペースが無くなるだけですし、何より洋服自体がかわいそうだということを再認識するといいのかもしれませんね。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://simplemodernstyle.net/archives/140.html/trackback?_wpnonce=b1399fa981
Listed below are links to weblogs that reference
衣替えのタイミングに合わせた「衣類収納」7つのポイント from シンプルモダンインテリアスタイル

Home > 収納&整理整頓テクニック > 衣替えのタイミングに合わせた「衣類収納」7つのポイント

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud