Home > 物を減らす技術・捨てるテクニック > 物を増やさないための10のコツ

物を増やさないための10のコツ

究極の「減らす」テクニックとは「物を増やさないこと」これに尽きます。

最近ではゴミを捨てるにもお金がかかる時代になってきました。そうでなくても、物を処分するには手間も時間もかかるのが一般的です。そこで、はじめから物を増やさないような習慣を身につけることが、最も手間がかからないスマートな解決方法といえます。

そこで、「物を増やさない」習慣を身につけるための考え方・テクニックをいくつかまとめてみました。

1.1つ買ったら、1つ捨てる

これが最もシンプルなルールです。これさえ守れば物が増えることはほとんどありません。しかも、不必要な物を定期的に処分していく習慣が身に付くので、いつの間にか自分の身の回りの物が洗練されていく、というメリットもあります。

2.「減らすもの」にお金を使う

物にせよ、手間にせよ、時間にせよ、何かを「減らす」アイテムやサービスには、なるべくコストをかけていきましょう。自分で出来ることでも貴方の大切な『時間』を確保してくれる、と考えればお金を使うことも決してムダではありません。

3.必ず「購入検討期間」をおく

欲しいモノがあったら、必ず一定の期間「検討期間」を設けるようにすると、ムダ遣いがぐっと減ります。「どうしても無くてはならないものか?」と考えるようにすると、そういったモノは思いのほか少ないものなのです。

4.無料(タダ)の物をもらわない

よく「タダより高い物は無い」と言われますが、いくら無料の物でもそれが貴方にとって不必要なものであれば、大事な収納スペースを占領する厄介な物となってしまいます。

5.家計簿をつける

毎月の予算を決めて、その中でやりくりするようにすると、買い物にも慎重さが生まれます。また、購入履歴を見直すことで、段々と買い物が上手になっていくかもしれません。

6.収納スペースを減らす

収納する場所が無ければ、物を買うこと自体が不可能になります。「持たない暮らし」のために、まず「持てない暮らし」にしてしまう、というワケです。

7.レンタルサービスを活用する

CDやDVDだけでなく、最近では家具や家電などもレンタル出来るサービスが増えてきました。こういったサービスを上手に活用して「必要なときだけ、必要なものを借りる」というスタイルをマスターすれば、これぞ真の「持たない暮らし」といえるかもしれません。

8.デジタル化したものを買う

ソフトウェアや音楽CDなども、なるべくパッケージではなくデジタルデータのものを購入するようにするのも賢い方法です。最近では雑誌などもデジタル化されたものを有料配信してくれるサービスがあります。

9.「万能アイテム」を活用する

例えばパソコンやスマートフォンがあれば、テレビやコンポなどの家電は必要ない、という人も多いかもしれません。また食器が増えて困っている人はシンプルな「和食器」を選ぶようにすると、和洋様々なメニューに使うことが出来、便利です。

10.「何かで代用出来ないか?」を考える

何かを買う前に、いまある物を上手に活用して同じようなことが出来ないか考える、そんな習慣を持っている人には、毎日がゲームです。「手持ちのアイテムで全ての問題を解決出来るか?」貴方の想像力(創造力)が試されます。

これらを意識して生活を続けていけば、いつの間にか貴方の部屋は劇的にスッキリと生まれ変わっているかもしれませんね。


関連する記事はこちら!

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://simplemodernstyle.net/archives/228.html/trackback?_wpnonce=3f52fcf513
Listed below are links to weblogs that reference
物を増やさないための10のコツ from シンプルモダンインテリアスタイル

Home > 物を減らす技術・捨てるテクニック > 物を増やさないための10のコツ

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud