Home > シンプルモダン家具・家電・雑貨選び > 座椅子(ローチェア)選びのポイント

座椅子(ローチェア)選びのポイント

いくら日本人に馴染み深い『床座生活』といっても、フローリングの床に直接座る人はあまりいないのではないでしょうか?

ほとんどの人は座布団やクッションを買うか、座椅子やローチェアといった家具を買うかのどちらかではないかと思います。

それでは、床座にピッタリのローチェア(座椅子)とは、どんなものでしょうか?

座面の高さが、ある程度高いもの

「胡坐(あぐら)座」は、ローテーブルなどの前に長時間座る際に、最も楽な姿勢のひとつです。(男性などは、ほとんどこの座り方をしていると思います。)

しかし、胡坐座は背骨や内臓にかかる負担が、椅子座や正座に比べて大きく、長時間続けていると体のあちこちが痛くなってしまいます。

それを解消する(楽な胡坐座の姿勢になる)には、座椅子やクッション、座布団といったものの上で胡坐座になり、足を座面の前に出すと良いようです。こうすることで、背骨が丸くならずに自然な姿勢(S字型)をつくることが出来ます。

よって、「座面の高さがある程度高いものを選ぶ」ということが重要になります。

素材(肌触り)には、特にこだわる

ローチェア(座椅子)は、家具の中でも特に肌に近いアイテムです。

それゆえに素材に関しては、充分に検討する必要があるでしょう。

木材の肌触りを直に味わうのもいいですし、張り地を替えて、自分にピッタリのファブリックを選ぶのもおすすめです。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://simplemodernstyle.net/archives/76.html/trackback?_wpnonce=1dda299914
Listed below are links to weblogs that reference
座椅子(ローチェア)選びのポイント from シンプルモダンインテリアスタイル

Home > シンプルモダン家具・家電・雑貨選び > 座椅子(ローチェア)選びのポイント

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud