Home > 和風インテリアコーディネート > 「借景」をインテリアに取り入れるテクニック

「借景」をインテリアに取り入れるテクニック

部屋に彩りや色合いを加えるために、様々な観葉植物を置く人が多いと思いますが、大きな鉢植えはそれだけで部屋の一部を占有してしまい、空間を狭くしてしまうという欠点もあります。

そういった方にオススメなのが、部屋の窓から見える「外の景色」をインテリアとして取り入れるというテクニックです。

日本庭園の造園技法に、「借景」という手法があります。これは、室外に広がる自然の景観や街並みを、室内に取り入れる技法です。

窓などの開口で外の景色や空などを絵のように切り取ることで、窓枠が額(フレーム)のようになり、「自然のアート」を部屋に取り入れることが出来るのです。

普段何気なく見ている外の風景も、窓枠によって額装することで、今まで気づかなかった魅力に気付くことが出来ます。

季節や天気、時間の経過などで刻々と変化する風景は、それだけで充分魅力的です。

家を建てるときなども、外の風景をどのように「切り取る」か、ということも考え、開口部や生活スペースの配置などを決めると、とても面白いのではないかと思います。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://simplemodernstyle.net/archives/84.html/trackback?_wpnonce=f88c669fc6
Listed below are links to weblogs that reference
「借景」をインテリアに取り入れるテクニック from シンプルモダンインテリアスタイル

Home > 和風インテリアコーディネート > 「借景」をインテリアに取り入れるテクニック

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud